姉はヤンママ授乳中in実家

姉はヤンママ授乳中in実家の第3話「「近親とかAVの中だけかと思ってたわ」眠る家族の側で人妻マ○コに膣内出し」の無料ネタバレを公開しています。

姉はヤンママ授乳中in実家 ≫ 【第3話】姉はヤンママ授乳中in実家の無料ネタバレ

姉はヤンママ授乳中in実家の第3話「「近親とかAVの中だけかと思ってたわ」眠る家族の側で人妻マ○コに膣内出し」の無料ネタバレを公開しています。

第3話「「近親とかAVの中だけかと思ってたわ」眠る家族の側で人妻マ○コに膣内出し」の無料ネタバレとなります。


「だ、ダメぇぇ!あぁぁぁ!!」


「あ、アンタ!ほんとに挿れるなんて…」


(くそ…タクの1番奥まで届いちゃってる)

(こんなので突かれたらヤバいかも)


(隣で子供たちが寝てるっていうのに…!)



「ね、ねえタク。今ならまだ許してあげるから。お願い!早く抜いて!」



拓哉はアイカの言葉には耳を貸さず、姉を押さえつけ爆乳を揉みながら腰を動かし続ける。


「な、なんだコレ!」

「気持ち良過ぎて腰が勝手に!」




パンパンパン!!!




「アアンっ!!」



「姉貴のマ○コすげぇよ!」

「先っぽから根元まで締め付けてきて」



「こ、コラ!何腰ふってん…」

(こいつ、、サルみたいに腰振りやがって)

(しかも何であたしの弱いところばかり当たるんだよ!)




「ンッ!!」

(せめて声だけでも我慢しないと!チビたちが起きちゃう!)



「姉貴のマ○コ…奥から液が溢れてくる!」

「元カノのとは比べものになんねー」



(ごめんね。かーちゃん、とーちゃん以外のチ○ポで感じさせられて)

(でもこのチ○ポ、、、相性が良過ぎて…!)



「おっぱいもデケぇし、体中ムチムチだし」

「こんなエロい子作り慣れした肉体で毎日誘惑しやがって」




パンパンパンパン!!




(や…!腰、、はげしぃ!)


(まさか中に出す気じゃっ…!)



「だ、ダメ!…た、タク?」

「あぁぁぁっ!」


アイカは自らが発する言葉とは裏腹に、両足で拓哉を挟み込んでしまうのだった。


(や、ヤバい!足が勝手に)

(いつもコレで妊娠しちゃうのに…)



「ね、姉ちゃんのマ○コ、、精液を絞り取られるぅぅ!」



ドピュドピュゥウ!!




「あ…?!」


拓哉は果て、ようやく正気に戻るのだった。




「ご、ごめん姉貴!」

「俺なんてことを!」



「ったくようやく正気に戻ったかバカ弟め」

「実の姉をレ○プするなんて、とんでもないやつだな」



「ごめん。姉貴のエロい体見たら興奮が収まらなくなって」

「は、早く抜かないと」



「もう慌てなくていいから。最後まで奥で出し切ってから抜きな。その方がソファも汚れないから。ね?」


………



「まあそんな落ち込むなって」

「あたしも悪ノリしすぎたところはあったし」



「でもまさかアンタと本当にヤッちゃうなんてね」

「近親相姦とかAVの中だけだと思ってたよ」




「ま、今日のことはお互い秘密ということで。」

「じゃシャワー浴びてくるわ」


そういって歩き出すアイカから、拓哉の精液がこぼれるのだった。






それから数日が経った。

あれから何事も無かったかのように姉弟として過ごしていた。


だが、それは表面上のことに過ぎない。

拓哉はアイカをエロい目でしか見ることができなくなっていた。


以前にも増してムラムラが増す日々。



アイカも気を遣いズボンを履いてくれるようになった。

だが、ムチムチのお尻のラインが強調され、かえって拓哉を興奮させるだけだとは気づいていない。



そしてある日、拓哉は息子を寝かしつけているアイカを後ろから襲ってしまう。




むぎゅうぅぅぅ!


アイカは急に胸をわしづかみにされる。


「ば、ばか!やめっ…」



「お、お前、なにやってんだよ…!」



「ごめん姉貴。俺やっぱり我慢できない!」


勃起したチ○ポをアイカのお尻にズボン越しに擦りつける



「こ、コラ!なに勝手に生乳揉んでんだよ!」




「姉貴だってまたノーブラで…!」

「どうせ誘ってたんだろ!」



「ち、違う!これはおっぱいをあげやすいからで…!」


「ジーンズだってちゃんと履いてたでしょ!」



「そんなケツぱっつんぱっつんのジーンズ履かれたって逆にエロいっつーの!」


「これはその…2人産んでお尻がまたおっきくなったからで…」


もはやアイカが何を言っても弟を興奮させるだけだった。



「てか勃起チ○ポ擦りつけてんじゃねぇよ!」



「なぁ姉貴、頼むよぉぉ。」


(こいつ、ガキの頃みたいに甘えた声出しやがって)



「わかった、あとで口とかで抜いてやるから、ユースケが寝るまで待ってよ」



「そ、そんなに我慢できないよ!」



ずるっ!!



拓哉はアイカのジーンズを下ろす。

そこにはムチムチのお尻が!


「や、何勝手に下ろしてんだよ!」


「あ、あと少しでユースケも寝るから待ってって!」




「もう、そのままでいいから、穴だけ使わせてくれよ!」



「はぁ?」

「アンタまさかここで?!」


「絶対ダメ!この子たちの前でなんて…!」
 

Copyright © 2018- 姉はヤンママ授乳中in実家